人生100年時代到来で大事な事!キャリアコーチングの基本情報と豆知識を紹介!

キャリアコーチングというキャリアに関する悩みを相談することができる有料サービスがあります。
対面でしてもらうこともできますし、オンラインでアドバイスしてもらうことも可能です。
近年は人生100年時代に到来していますし、この時の時間を有効に使うことで、将来の時間が大きく変わってくるのです。
そのために、コーチングを受けるとどのようなメリットがあるのかを解説していきます。
是非今後の生活に役立ててください。

人生100年時代到来で大事な事!キャリアコーチングの基本情報と豆知識を紹介!

そもそもキャリアコーチングとは、自分のキャリア形成やキャリア開発について助言や指導をしてもらうための有料サービスです。
利用者のキャリアを豊かにすることで、人生を潤すことを目的としています。
キャリアコーチングを通して、対策をしていき自分自身を見つめなおすことで、少しづつ自分自身の意識を修正していくことが可能なのです。
もっと収入アップしたいといった要望も、いかにすると効率よくできるかアドバイスしてもらえます。

人生を充実させ自己実現に必要なキャリアコーチングとは?

キャリアコーチングとは、スポーツのコーチのように、人生のキャリアについてのコーチングを一対一で受けられるサービスです。
「人生のキャリアについて」と抽象的な物言いからもわかるように、包括的なサポートが受けられるのがキャリアコーチングの特徴といえます。
似たサービスの転職エージェントは転職を前提にしたサポートです。
しかしキャリアコーチングでは転職以外にも、現在の職場でのキャリアアップ、副業、独立といった様々なキャリア選択肢から顧客に合った提案を受けることができます。
様々な生き方ができる現代社会だからこそ、全ての選択肢を視野に入れたコーチングが重要視されています。
また一対一のサービスですから「今の会社で働くべきか転職すべきか」といった具体的な内容から「どのような生き方が自分に合っているか」という抽象的な内容まで、その人その人に合った自己実現をともに模索してくれます。
キャリアコーチングとは、多様で複雑になった現代社会の生き方をともに考え先導してくれる心強い味方といえるでしょう。

キャリアコーチングはキャリアコンサルタントの国家資格取得者からアドバイスを受けられる

キャリアコーチングのサービスを利用すると、キャリアコンサルタントの国家資格取得者から様々なアドバイスを受けることができます。
キャリアコーチングのスタッフは、利用者が多数のサービスの場合多くの人材にアドバイスをしてきている実績があるため安心して利用できるのがメリットです。
有資格者からのサポートが受けられるため、多少料金はかかりますがその後のキャリア形成に大きな影響を及ぼしますし自己分析がしっかりとできるのが強みです。
自己分析ができていないと、転職活動をするときにも何をすればよいのか迷うことが多いですし現在の職場にとどまるべきかで悩んでいる人は多いです。
自分には何が向いていて、何をすべきかということを気づかせてそれに必要な行動を促してくれるのがキャリアコーチングの特徴です。
これを一人でやろうとすると、膨大な時間がかかりますが有資格者からのアドバイスを受けながらやると時間を大幅に短縮することができます。

キャリアコーチングで得られるメリットその①生産性やキャリアに対する満足度の向上

キャリアコーチングで得られるメリットですが、生産性とかキャリアに対する満足度の向上が挙げられます。
そもそも日本人はキャリアについて真面目に考えたことがないという人も少なくありません。
自分が今後どのような仕事がしたいのかは、就職時には考えるでしょうが、いったん会社に入ってしまえば後は会社の意向に沿って業務が割り当てられたり、定期的な異動なども行われ、自分の意向など反映される余地があまり無いということが影響しているのかもしれません。
キャリアコーチングでは、キャリアについて自分自身で深く考えることになります。
これ自体がメリットというか、自分で考え納得して出した結論があることそのものが満足度の向上につながると示唆されています。
要するに、自分ではどうしようもなくただ流されているだけと思うのと、確かに自分ではコントロールできない部分もあるかもしれないが、考えたうえで納得してのものだと思うのとでは、腑に落ちるかどうかが違うからです。

キャリアコーチングで得られるメリットその②目標達成に向けた自発的考えの構築

積極的に利用したいキャリアコーチングで得られるメリットは、目標達成に向けた自発的考えの構築ができることです。
何をするべきなのか、この先どう進んでいけばいいのか、漠然としてわからなくなることがあります。
キャリアコーチングを利用すると自己分析を行うことができるため、進むべき道が見えてきますし、やりたいことも明確にできるのも良い点です。
自己分析を行うことは重要であり、深堀しての自己分析が理想の未来へと導きます。
本人の強みやキャリアなども明確になれば目標も明確になりますし、達成に向けてさらに前向きになれるのは、考え方が自発的になるためです。
本心でやりたい内容と、実際にズレばかりが生じては、自発的な思考を持つことはできません。
しかしキャリアコーチングを受けることで、考え方は前向きで自発的になります。
転職活動をするにしても、より戦略的に進められるのも利点です。
将来的なビジョンもより鮮明になり、何が向いている仕事かも見えてくれば、目標達成への自発的考えも沸き上がります。

キャリアコーチングを受けるうえで心得るべき事その①能動的な姿勢と継続力

キャリアコーチングを受ける上での心得ですが、能動的な姿勢と継続力が挙げられます。
どちらも、簡単に言えば自分ごととして問題を捉え、最終的には自分自身でキャリアを作っていくのだという心構えと言っても良いでしょう。
キャリアコーチングでよくある誤解として、コーチの言うとおりにしていれば間違いがないとか、コーチが明確に道筋を決めてくれるといったものがあります。
このように、あなた任せの受け身の姿勢、決めてくれればそれに従うといった考え方ではいけません。
キャリアは仕事に関するものですが、より広く言えば自分の人生の一つなのですから、最終的には自分で決めて進んでいくことで満足感とか納得感が得られるのは言うまでもなく、コーチはあくまでそのサポート的な役割や決断の後押しをしてくれるような存在と理解しておくべきです。
継続力についても、どんなキャリアでもごく短期間で達成できるようなことは考えにくく、長期間にわたってそれを目指して進んでいく姿勢が大事になります。

キャリアコーチングを受けるうえで心得るべき事その②コーチとの信頼関係の構築

キャリアコーチングを受けるうえでの心得に、コーチと信頼関係を構築することが挙げられます。
キャリアは基本的に仕事に関するものですが、それは場合によっては十年単位の長いスパンの話になりますし、何のために仕事をするのかという人生の目標的なことも含まれてきます。
このような深い話をキャリアコーチングで行うためには、コーチと信頼関係がないと難しいことは理解できるはずです。
ここで、ではそれを構築するのはコーチの仕事であって、特にこちらは受け身の姿勢でよいのですねという人がいたりします。
もちろんコーチはプロですからそのやり方とか重要性はすでに理解済みではありますが、こちらは何もしなくてよいわけではありませんし、コーチの人柄を見て信用できそうな人か判断することが大事だなどという浅はかな意味ではありません。
信頼を得るためには、こちらもそれ相応の振る舞いをしなければならないのですが、それは別に難しいことではなく上辺だけのきれいごとに終始せず本音で話すとか、虚偽を伝えないといった基本的なことで十分です。

キャリアコーチングのコーチに求められるスキルその①傾聴、質問、承認が出来る

これからの働き方に迷った時、キャリアコーチングを受けると自分の目指すゴールが見えてきます。
キャリアコーチングはコンサルティングのように、話を聞いてアドバイスや助言をするものではありません。
コーチングはクライアントに適切な質問をして本質を掘り下げ、傾聴して承認することから始まります。
これまでの仕事の上での悩みや挫折、やりがいを感じたことなどを丁寧に聴いていきます。
コーチは話を遮ったり自分の体験を話したりアドバイスせずに、相手の言葉にじっくりと耳を傾けることが重要です。
そして適切な相槌と質問を繰り返しながら、クライアントの考えを承認して受け止め、これからの働き方や生き方を一緒に考えます。
キャリアコーチに求められるのは、相手の気持ちを受け止めて一緒に伴走しながらゴールを目指すことです。
自分の考えを押し付けるのではなく、顧客の心に内在する価値観や何に幸せを感じるのかをうまく引き出すのがポイントです。

キャリアコーチングのコーチに求められるスキルその②入念な計画立案

プロのキャリアコーチングのコーチに求められるスキルとして、相談者への入念な計画立案もそのひとつです。
クライアントが今どのような立場であるのか、悩みを抱えているかなどの現状を把握してまずは整理をします。
何が課題になっているかをはっきりさせていきますが、そこにあるのは思い込みと客観的な事実です。
それを分けて考える必要があり、性格に事実を知ることが必要になります。
数か月間をかけて継続的に行うのもキャリアコーチング、まずは現状の状態と問題を確認することが大事です。
そこから計画を提案していくことになるので、ゴールとなる目的も決める必要があります。
具体的に相手はなのを望むのか、どのような未来を手にしたいかをはっきりさせ、課題はクリアしていかねばなりません。
また目標を達成するために、課題をクリアさせるために、必要となるリソースも明確にさせる必要があります。
ここまでできればロードマップを具体的に作成する段階へ移り、事項ができるものを選ぶのはクライアントです。

キャリアコーチングのコーチに求められるスキルその③行動を促すフィードバック

キャリアコーチングのコーチに必要なスキルにフィードバックがありますが、これは相手の話を聴いて感じたことを感じるままに伝えることです。相手が話してない感情・思いの部分も感じ取り伝えて行動を促します。
人は時には口にしていることと、実際に思っている内容が違うことはよくあり、それを感じたら正直に話すこともフィードバックになります。
キャリアコーチングではクライアントから見ると鏡のような役割を持っているといえて、自分だと見えてないことを指摘してくれることに価値を感じます。
前提として先に聴くスキルが必要で、これがないと心の中に感じるものが生まれません。
場合によっては勇気も必要で、こんなことを言ってもいいか・相手に失礼ではないか・嫌われる・相手を傷つけるなど心配になることもあります。
勿論注意は必要ですが、認める・聴くをしっかり行っておいて信頼関係を築くことでその不安も解消出来ます。
また、相手に敬意・思いやりの気持ちも抱いて、相手の感情を共有することは欠かせません。
コーチングが機能するための条件の自己基盤も、コーチとして必要です。

キャリアコーチングに関する情報サイト
キャリアコーチングの基本情報と豆知識

キャリアコーチングというキャリアに関する悩みを相談することができる有料サービスがあります。対面でしてもらうこともできますし、オンラインでアドバイスしてもらうことも可能です。近年は人生100年時代に到来していますし、この時の時間を有効に使うことで、将来の時間が大きく変わってくるのです。そのために、コーチングを受けるとどのようなメリットがあるのかを解説していきます。是非今後の生活に役立ててください。

Search